• TOP
  • ニキビケア基礎知識
  • ニキビケア方法
  • 美容皮膚科をエリアで探す
東京でニキビケアなら!おすすめクリニックご紹介!

ユーザーの口コミ評判、症例数、信頼度など総合的に評価したニキビケア美容皮膚科の徹底比較ランキング

ニキビ専門医師が在籍、カウンセリングは無料!!東京アクネクリニック 新宿院

治療後のニキビ減少率 96.3%!!
再発の心配がない治療方法が大人気!!

東京アクネクリニック 横浜院公式ホームページ

カウンセリング カウンセリング診療は無料です!!
所在地 【新 宿 院】 東京都新宿区西新宿1-18-5 甲新ビル6F

公式ホームページを見る

キャンペーン情報

東京アクネクリニックでは、期間限定キャンペーンを利用する事で、お得にニキビ治療を受ける事ができます!!

キャンペーン期間は2018年12月1日(土)~2018年12月26日(水)までとなりますので、まずは無料カウンセリング予約で相談するところから始めてみてはいかがでしょうか。

東京アクネクリニック 横浜院キャンペーン

東京アクネクリニック 横浜院キャンペーン

東京アクネクリニック 横浜院キャンペーン

東京アクネクリニック 横浜院キャンペーン

東京アクネクリニック 横浜院キャンペーン

公式ホームページを見る

皮膚科のポイント

メディカルアクネケアと呼ばれる施術法を行いニキビの治療をすることを基本にしている東京アクネクリニック 新宿院でニキビの悩みを解決する方々が増えています。
メディカルアクネケアとはニキビを発生させる原因である皮脂腺のみを高周波で破壊する施術法で、再発しない治療法と言われ高評価を得ています。

公式ホームページを見る

ホルモンから大人ニキビ治療に取り組んでいる!!相澤皮フ科クリニック

大人ニキビのスペシャリスト!遠方からの患者さんも多いですし調布駅北口より徒歩1分の好立地!!

相澤皮フ科クリニック公式ホームページ

カウンセリング カウンセリング診療は無料です!!
所在地 東京都調布市布田1-43-9 剱持ビル3F

公式ホームページを見る

皮膚科のポイント

医院長は東京医科歯科大の産婦人科専門医から皮膚科専門医になられた意外な経歴の持ち主。
産婦人科から皮膚科って全く関係ないように見えますが、院長は「皮膚とホルモン」の研究から妊婦の女性ホルモンの分泌増加が皮膚に影響を与えていることに気付き、ホルモンバランスの乱れがニキビの根本原因とし、初めて大人ニキビとホルモンの系統を学問にした方なんです。

公式ホームページを見る

シミ・しわ治療から色々なコンプレックスを解消!!マグノリア皮膚科クリニック

患者さんそれぞれの魅力最大限引き出すための治療を心がけているクリニック!!

マグノリア皮膚科クリニック公式ホームページ

カウンセリング 初診・カウンセリング / 3,000円(税抜)
所在地 東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル5F

公式ホームページを見る

皮膚科のポイント

美容皮膚科クリニックのイメージって「いろんな施術を勧誘されてそうで怖い!」「普通の皮膚科と何が違うのかわからない」と敬遠されている方も多いかと思いますが、マグノリア皮膚科クリニックは、一人一人の患者様に最適なニキビ治療を薦めてくれ、もちろん勧誘などは一切おこなわない誠実なクリニックとして評判です。

公式ホームページを見る

ニキビケアの方法、種類

ニキビケアの方法について、しっかりした知識がないと大変なことになりますよ!!

ニキビは、若いころは「今が若くて元気だからなるのも仕方ないのよ」なんて、青春の証のように感じていられる時期もありました。
ですが「美肌」を目指したい方にとって、ニキビはただの邪魔者ですよね。
できたニキビをつぶして押し出して・・・なんていうことをされる方も多いようなのですが、それは少しお待ちください。
まずはアナタのニキビがどういうもので、それに合わせた治療法は何なのかを知らなくてはなりません。
間違った治療方法を行ってしまうと、それこそ一生傷跡が残ってしまうことにもなるのですから。

皮膚科に行くべきニキビもあるのをご存知ですか?

ニキビケアの用品は色々なものが販売されています。洗顔フォーム、軟膏、飲み薬など色々なものがありますが、ニキビの種類によってはきちんと皮膚科で治療を受けなければ直らないようなものもあるのです。

「今できているニキビはどうなのかわからない。」とおっしゃるのであれば、きちんと今アナタを悩ませているニキビがどういうものなのかを調べていただければと思います。

ニキビケアで皮膚科にいかなくてもできるものとは?

ニキビケアには、ニキビの種類に合わせて色々なものがあります。
白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビについてはお肌のタイプ(普通肌、乾燥肌、混成肌、混合肌)に合わせてケアを考えていく必要があります。
肌が脂っぽい、べたべたしているということであれば、皮脂対策と洗顔をきちんとした方法で行うことも重要です。
逆に乾燥しているのにニキビができるという肌の場合には洗顔と同時に保湿もし、またストレスなどを強く感じている場合にはそうしたことのケアもあわせて行っていく必要があります。
肌のターンオーバーが遅れてしまっている年代になってくると、肌の水分はきちんと残しつつも、余分な皮脂を取り除くことも重要になってきます。

思春期ニキビケア

思春期ニキビはできる場所によって特徴や治し方が違います。
思春期はニキビができると、過剰に意識してしまいそれがストレスになり、またニキビができてしまうこともあります。
ニキビは放っておくのではなく、きちんとケアを行うことが大切です。

思春期ニキビが出来る場所とは?

思春期ニキビは、おでこや頬、口の周りやあごなど至るところにできてしまいます。
おでこニキビは、大人になるとできにくくなると言われていて、思春期の頃など皮脂の分泌が活発な時期にできるといわれています。

特におでこや鼻周りのTゾーンは、皮脂腺が多いため大量の皮脂が分泌されているので、ニキビができやすくなります。
頬にニキビができてしまうのは、ホルモンバランスの乱れや体調、乾燥などが原因だと言われています。

胃腸の疲れや暴飲暴食による糖質、脂質のとりすぎは口周りにニキビができてしまう原因になってしまいます。
女性の場合、生理前は男性ホルモンが優位になるため、特にあごなどにニキビができやすい時期になります。

思春期ニキビケアの仕方

思春期ニキビケアの方法は、ニキビができている場所によって異なります。 おでこが汗でベトベトになっている場合には、清潔なハンカチやタオルなどで拭き取るなどの、思春期ニキビケアを行うことが大切です。

おでこニキビを隠そうと、前髪をおろしている人もいますが、前髪をおろしていることがニキビを引き起こしてしまう原因にもなるので、前髪は上げておいた方がいいです。
頬ニキビの場合、男性ホルモンを抑えるために、豆乳を飲むようにするといいと思います。

豆乳に含まれている大豆イソフラボンが、女性ホルモンのエストロゲンを増加せる作用があるので、豆乳を一日に一杯飲むだけでも効果が出てきます。
思春期はスナック菓子や脂っこい食べ物を食べることが多いと思いますが、胃腸が疲れてしまい肌荒れの原因になるので、できるだけ避けることをオススメします。

男ニキビケア

ニキビがある男性は、恋愛の対象外だと考えている女性が多いです。
女性は、男性に対してニキビ予防をきちんと行ってほしいと考えています。
生活習慣や食生活が乱れている人が、ニキビができやすいと言われているので、改善することが大切かも知れません。

男ニキビができてしまう原因は?

男性の場合、女性と違ってホルモンバランスを整えたりすることができないので、ホルモンバランスが乱れている時にニキビとして肌に表れてしまうこともあります。
男ニキビができてしまう原因は、洗顔のしすぎからくる皮脂の取り除き過ぎが原因の場合が多いです。
男性は洗顔の仕方も豪快で、洗顔を簡単に済まそうとしている人も多いと思います。

汗を掻いて、洗顔をしたい気持ちはわかりますが、洗顔のしすぎで皮脂を取り除き過ぎてしまいニキビが出てきてしまうこともあります。
汗がベトベトで気になる場合は、そのままにしておくのもニキビができやすくなってしまうので、清潔なハンカチなどで拭き取ることをオススメします。

男性の場合、口元やあごなどにニキビができる人が多いと思いますが、口元のニキビは脂っこい食事の撮りすぎなどが原因であることが多いです。
あごにニキビができてしまう原因は、髭剃りなどによるカミソリ負けと考えられます。

男ニキビケアの仕方

男ニキビケアの仕方は、特に特徴があるものではありません。
男性の場合、脂っこい食べ物を食べるのが日常的に多いので、脂っこい食べ物を避けることも大切です。

洗顔を行うことはとても大切なことですが、時間を短縮しようと考えたり、面倒だから簡単に済ませようと考えるのはよくありません。
洗顔を行う時は時間をかけてゆっくりと行い、優しく肌を包み込むように泡を肌に当てていく感覚で、洗顔を行うことがポイントになります。

洗顔を行う時は、ぬるま湯を使うようにすると、毛穴の汚れなどが落ちやすくなるのでオススメです。
市販の薬を使うと、ニキビが悪化することもあるので、薬で男ニキビケアを行うのであれば、皮膚科で薬を処方してもらうのがいいと思います。

ニキビ体験談記事
思春期ニキビはそのうち治る

中学生のころに人生で初めてニキビできました。
当時は、これが原因で、いろんなことに対してネガティブになっていたように思います。
とりわけ、恋愛面においては本当にネガティブになり、自分の思うように行動できなかったです。

ただ、この時期にできるニキビというのは、いわゆる思春期ニキビというやつで、時間とともに徐々に改善していきます。

事実私も中学を卒業するころにはキレイさっぱり治っていました。オデコ、頬っぺた、とにかく顔中に、脂っこくて歪な形をしたニキビが大量発生していたのにですよ。
この間、洗顔料や化粧水、美容液など様々な対策に乗り出しましたが、そこまでする必要はなかったと考えています。

なので、今現在、ニキビでお悩みの中学生の方には、もっと気楽にニキビと向き合ってもらいたいです。
確かに、今はつらいでしょうが、それは、今だけなんです。
そのうちキレイさっぱり治っているはずなので、とにかくネガティブにならずに、前向きにやっていきましょう。

ニキビ跡の赤みや色素沈着に悩んでいました

10代後半は思春期にきびがおデコにたくさんできてしまい、常に皮膚科からのにきびクリームを塗って治療をしていましたがなかなか改善することがありませんでした。

にきびは一旦治るものの、すぐにまた新しいものができるという繰り返しで、そうこうしているうちにニキビ跡が色素沈着を起こして赤くなったり赤黒くなってしまうなど皮膚上で非常に目立つ存在になっていました。
自分でできることと言えば、洗顔をしっかり行なって常に皮膚を清潔な状態にしておくこと、そして処方されたにきびの治療薬を塗っておくことぐらいしかできず、あとは自然にニキビやニキビ跡がなくなるのを待つだけでした。

ですが20代になってからは、少しずつニキビ肌が改善されてきて、簡単には新しいニキビができなくなりました。

そのころから自分でニキビの色素沈着を薄くしてくれるビーグレンのニキビ跡ケアのスキンケアシリーズを使うようになり、時間をかけてゆっくりと色素沈着が消えてきて、今はほとんどコンシーラーが必要ないぐらいの状態になっています。

鼻の頭の大きなニキビ

私は鼻の頭に大きなニキビができやすい体質です。
真っ赤なニキビでさわると傷みも感じます。
引いてもしばらくするとできています。
目立つ場所で悩んでいたら、友人から皮膚科へ行くことを勧められました。

ニキビで皮膚科は大げさでは?と思いましたが、その友人は肌トラブルがあると皮膚科へ行くそうです。

市販の薬や肌トラブル用の化粧品を買うよりも皮膚科で処方される薬の方が安くて効果がある、と教えてもらいました。
知らない皮膚科にいって同じように診てくれるか不安だったので、友人が通っている皮膚科へ行くことにしました。
綺麗な感じの病院で美容専門ではないようですが、化粧品なども売られていたので安心しました。
診察を受けて薬局で塗り薬をもらいました。

薬を塗るといつも1~2週間は引かなかったニキビが数日で小さくなりました。

今では鼻にニキビができるとその皮膚科へ行って薬を処方してもらいます。
薬が効いているのか、若い頃よりニキビができにくい体質になったのかはわかりませんが、ニキビができる頻度も減りました。

大人ニキビに悩まされてます

思春期のころにニキビができるのは大人になるための通過儀礼のようなものだと思うのですが、
私は大人になってからのほうがひどかったです。
いわゆる大人ニキビというもので、ホルモンバランスやストレスからくるものです。

ニキビを減らすために基礎化粧品はニキビ用のものを何種類、何十種類と試しました。
でも効果を感じるものはひとつもありませんでした。
あまりにひどくなったときは皮膚科に行って塗り薬をもらう。
おさまってくるころにはまたホルモン周期が変わり新たなニキビができる…その繰り返しです。

皮膚科の先生が言うには原因の第一は食事だということでした。

一般に言われるチョコレートや甘いものを控えなさいと。
そんなのとっくに実践してると内心思っていました。
あとはとにかく気にして肌に触れる癖を止めること。

確かにそれはあったかもしれないと思いました。
無意識に顔に触れたり、基礎化粧品をつけるときに触りすぎたり。
これは意識してなるべく肌に触れない!気にしない!を心がけることで少し効果があったかなと思います。

今のところ一番効果があるのは個人輸入で買った海外のニキビ薬です。
海外製なので使用は自己責任ですが、日本の皮膚科でもらう処方薬より効果があるし、診察料プラス薬代よりも輸入薬のほうが安いのでリピートしています。

ニキビがができているときは化粧で全部厚塗りしたくなりますが、それをやめたのも少し効果があったかと思います。

ひどくなってる部分にはカバー力が低くても肌に優しいミネラルコンシーラーなどを使って極力負担をかけないようにすると治りが早いです。

他人の目なんか気にしない!とメンタル強く持つのも大事かもしれません。
根本的には女性ホルモンのバランスだと思うので、今はそちらをケアするために漢方を飲み始めました。

ニキビを根絶させるようこれからも頑張ろうと思います。

結婚式はニキビと一緒に

そのニキビに気がついたのは、結婚式の1週間ほど前のことでした。
お肌のお手入れ中、鼻の頭に押すと痛いような違和感を感じたのです。その時はまだ、赤くなったり見た目に変化がなかったため、気にせず、ブライダルエステにも行くことにしました。エステが終わって家に帰り、ビックリしました。鼻の頭が赤く腫れていたからです。

これは、間違いなくニキビだと思い、大急ぎでビタミンB、ビタミンCのサプリを飲んだり、抗生物質の塗り薬を塗ったりしました。早めに対処すればなんとかなる、いつものニキビなら一週間もかからず綺麗になるし、と思っていました。
ところが、結婚式の2日前、私のニキビは皮膚の下にこもったような、大きなものに成長してしまいました。
いつもは効果がある、サプリや塗り薬もその時はまったくニキビの成長を防いでくれなかったのです。
しかし、痛みや赤みはあったものの、プクッと腫れるものではなかったため、化粧で上手くかくせるとまだ希望を持っていました。
しかし、その希望を裏切るように、結婚式当日までニキビは成長を続け、腫れもひどくプックリとしたものになってしまったのです。
今、思えば、引っ越しや式への不安で、ストレスを感じていたため、治りが悪かったのではないかと思います。食生活も乱れがちでした。
こうして、私はニキビと共に結婚式をあげるはめになりました。
しかし、ブライダルメイクの技術は凄いもので、私の化膿したニキビも目立たせずに過ごすことができました。
しかし、そのあとの新婚旅行で撮った写真にはバッチリニキビが写っています。
結局、そのニキビとは2週間ほど付き合い、治ったあとも跡が消えずにとても後悔しました。
できてしまったものを治すのは大変なので、もっとニキビができないよう生活習慣を整え、予防しておくべきだったと心から思っています。

赤くて傷みがあるニキビは血行促進させて治す


かなりの乾燥肌なのでニキビがたくさんできてしまう様な事は少ないですが疲れや寝不足が重なりできてしまったニキビは大きくなりやすく赤く触ると痛みを持つくらいになってしまうので化粧水のパックでニキビの患部を冷やすことと寝る前に馬油をニキビに塗って血行を促進させ早くニキビが治るようにしました。

大きくなってしまったニキビはニキビ薬を塗っても治らないのでコットンに化粧水をたっぷりと低ませて洗顔後にニキビの患部をパックすれば赤く、痛みを持ったニキビでも痛みが和らぎ血行促進効果のある馬油をニキビに塗って寝れば翌朝にはかなり痛みも赤みも引いた小さなニキビになっているのでニキビが大きくなってしまったときはいつもこの方法でニキビ治療をしていますが数日で確実にニキビは小さくなります。

できてしまったニキビは大きくならないうちにできるだけ治すようにしていますが週に一度、ドロパックで肌の角質除去うと同時に血さなニキビにも泥パック塗って洗い流した後にはニキビはほとんどなくなっているので泥パック、化粧水のパックと馬油の使用でほとんどのニキビは綺麗に治ります。

ニキビのないつるつる肌になりたい!

 おでこ周辺に小さなニキビが集団で赤いポツポツでき始め、悩んでいたのも束の間、頬骨の所に太い芯のあるニキビがどーんと3つもできてしまいました。
おまけに、芯の周りにはおでこと同じ赤いポツポツが囲むようにできて、泣きたい位でした。

おでこのニキビは、前髪でなんとか隠せましたが、頬にできたこのどデカいニキビとその仲間達はどうしようもありません。凄いショックでした。食べ物が原因かと思い、脂っこい物やチョコレートは避けましたが効果なし。
あまりにも太い芯で潰してみようかと思いましたが痕になるのが怖いので、皮膚科を受診しました。最初の問診で生理周期や、食生活、睡眠、お通じ、ストレスなど聞かれました。

ホルモンのバランスも関係している様で、飲み薬と塗り薬を処方してもらいました。
前髪は隠すと余計に酷くなるので当たらない様にする様にという事だったのでおでこ全開で職場へ行くと雰囲気が今日は違うねーと言われただけで、自分が気にする程、人は気にしていないという事がわかり、それから前髪をあげてお化粧も、気になるニキビの周りも自然に薄くファンデーションをつける程度にしていました。
洗顔は、しすぎると逆効果だと言われたので朝と、夜だけで、化粧水で潤した後、処方された飲み薬と塗り薬で数日間試しました。 すぐには効果はありませんでしたが、半月を過ぎるころから徐々に改善され、1か月後には薬も要らなくなる程で、気になっていたニキビの勢力も弱まりました。おでこは跡形もなくなり、頬の方は少しポツポツが薄っすらある位で親分ニキビは消えました。

これからは、ニキビの辛い目に合わない為にも、洗顔のし過ぎに注意し、食生活が大いに関係してくるのでバランスの良い食事と睡眠をできるだけ摂る様心がけていこうと思っています。

思春期に顔はボロボロニキビでクレーターひどかった

私は思春期に入るまでニキビが全くなく洗顔なんてほど遠い存在の肌で、友だちからも羨ましがられるほどの肌でしたが、思春期に入ったと同時にほっぺにでき始め当時ビオレを使い始めた私は泡立てる方法を知ることもなく、お湯と洗顔を手のひらで泡立てて洗っていましたがなかなか治ることができずどんどんひろがっていったのを覚えています。

指でニキビを押し出し白ニキビの芯がひょこっと出るのがスッキリした事で何度も出しては潰していたようです。

とうとうクレーターが出てしまい皮膚科へ受診して後悔でしたが、ビオレで治らず他の洗顔でも治らなかったニキビでしたが、牛乳石鹸の赤石鹸が私に合ったようで最初は肌に染みていましたが徐々にフェイスラインから治り、ほっぺからおでこへとどんどん治っていったのを覚えています。

それから20年経ちますが今でも牛乳石鹸を使って洗顔をしています。当時皮膚科へ行きましたが部活等をしていたことで通院することが出来ず牛乳石鹸に頼った事で今でも牛乳石鹸に助けて貰ってます。

鼻にできる赤ニキビに毎月イライラしていました

社会人になってから仕事のストレスや疲れがたまると、小鼻に大きな赤いニキビができるようになりました。 最初は気にしないようにしていたのですが、毎月できますし大きくて目立つので気にするようになったんです。 職場の人から「大きなニキビだね」と指摘されるようになり、恥ずかしくなりました。

鼻にできる大きなニキビをなんとかしたくて対策をすることに。 オルビスのクリアシリーズを使うことにしました。大人ニキビに効果があると友人から教えてもらったので、使ってみたんです。使い始めると徐々に肌がしっとり潤うようになり、小鼻のザラつきが消えて肌のキメが整ってきました。

半年間使ったのですが、毎月できていた小鼻の赤いニキビができなくなりすごく嬉しかったです。 小鼻にできる大きなニキビはメイクでカバーすることができず、本当にイライラしていましたが、良いニキビ化粧品を購入して改善されスッキリ。
また大人ニキビができるようになったら、オルビスのクリアシリーズをライン使いしたいと思っています。

ニキビは年代ごとで原因が違った!

10代の頃からニキビに悩まされてきました。
現在もたまにできますが、できる頻度は減っています。
各年代ごとに原因は違うようで、対策方法も変化させてきました。
10代の頃は皮脂分泌が活発なのが原因。
額や鼻など、皮脂が多い部分によくニキビができていました。
炎症を抑えるニキビケア用の洗顔と塗り薬でケアをしていましたが、イタチごっこでしたね。
思春期ニキビはどうしようもなかったような気がします。
20代に入ると今度は乾燥やストレスが原因でできるように。
頬やフェイスラインに繰り返しニキビができていたのが特徴的です。
10代と同じさっぱり系のケアでは余計にニキビが悪化するので、しっとり系の基礎化粧品を使ってケアしました。
ニキビを悪化させないメイク用品を買ったりもしたし、金銭的にキツかった記憶があります。
30代に近づいてくるとホルモンバランスの変化のせいか、ニキビのでき方が変わってきました。

美肌対策でサプリメントを飲み始めたら、これが好影響だったみたいでニキビが激減。
サプリでホルモンバランスを整えられたのが良かったみたいです。

ニキビケア基礎知識

ニキビケア方法